スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Qleon
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

深読みですかね?

今朝のニュースでびっくり。

米大統領、家族と面会へ 拉致問題重視 : Yahoo News

ついでに前記事から。

【ワシントン=石間俊充】米下院議会の公聴会に出席するため、訪米している横田めぐみさんの母、早紀江さん(70)ら家族会と支援組織「救う会」のメンバーは26日午前(日本時間26日夜)、国防総省を訪れ、イングランド副長官らと面会して拉致解決への協力を呼びかけた。

 面会後に記者会見した早紀江さんら家族会メンバーによると、立ち会った国防総省の高官約10人全員が、拉致被害者の救出を呼びかける「ブルーリボン」のバッジを胸に付け、家族会の訴えに耳を傾けたという。

 早紀江さんは「米国が拉致問題を重視し、本気で戦おうとしていると感じて心を打たれた」と話した。
横田早紀江さん、国防総省高官に「拉致」解決訴える : Yahoo News



ついに被害者家族が外国の政治家に直接訴えることになりましたね。。

本当なら、拉致被害問題の解決は日本の政治家の役割なんだけどね~

日本の政治家・官僚が頼りないって暗黙のメッセージに見えるんですが・・・。
どうでしょう?

で・・・
竹島問題 「領有権強化へ新組織」 韓国外相 日本をけん制 : Yahoo News
韓国にはこんなこと言われてるし。
次は対馬を狙ってるそうですけど。どうすんの?

ときどき政治家や官僚の発言に意味が通らないところがあるんですよね。
これってひょっとして業界用語なのかな?

今回の件も、
「不測の事態」=「自分(達)の責任問題に発展すること」
「最悪の事態」=「自分(達)の経歴に傷がつくこと」
「回避策」=「問題を先送りにすること」「責任の所在を曖昧にすること」
と解釈すると、なるほど~って納得できるんだけど・・。

だとしたら、本音をズバズバ言ってもちゃんと仕事してるように見えるし、つい口が滑ったとしても問題にならない。
かなり上手い方法だと思います。

(使用例)
官僚「大臣、これはマズイです。不測の事態を招きかねません(汗」
 訳(大臣、これはマズイです。責任問題になりますよ!?)

大臣「最悪の事態になる前に、至急回避策を検討しろ!」
 訳(私の経歴に傷が付く前に、何とか誤魔化せ!)



・・・深読みですかねぇ。。
<追記>
今までのアメリカの外交政策からすると、間違いなく拉致問題への介入は何らかの政治的・経済的意図があるはず。
だって、利益が無いことには全く介入しようとしない国ですから。
これは間違いないでしょう。

ざっと思いつくのは・・
・北朝鮮つぶしの大義名分が手に入る!
・拉致被害救済に手を貸せば、家族等から北朝鮮内部情報が手に入るかも!
・日本からお金を引き出すための布石になるかも!
・人権擁護団体にウケが良い=国際世論が追い風!支持率アップ!?
・世論の矛先を拉致問題・北朝鮮に向けられる!

注目すべきは、拉致被害者の奪還に成功しようが失敗しようが関係がない点
努力(したフリ?)さえすればよいのです。

アメリカにとっては一石五鳥+目的を達成できないリスクはほぼゼロ!
名声も得られて万々歳!
「カモがネギ背負ってうろついてる」じゃん!
こんな美味しい話に乗らない手はないよね!

・・・深読みですかねぇ。。

これがキッカケで拉致被害者が帰ってきてくれるなら良いんだけど、
被害者家族の「藁にもすがりたい気持ち」が政治利用されないことを祈るだけです。
スポンサーサイト
by Qleon
13:32 | 批評 | comments (1) | trackbacks (1) | page top↑
本が読みたい | top | 意外な肩こり撃退法

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2006/04/30 18:34 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://qleon.blog18.fc2.com/tb.php/58-5556c9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「ブッシュ大統領が拉致被害者家族の横田早紀江さんと面会へ?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =...
2006/04/27 (Thu) 17:44 | ブログで情報収集!Blog-Headline
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。