スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Qleon
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

インターネットと公職選挙法とマニフェスト

いよいよ総選挙の公示です。
またまたあの手この手の選挙戦が繰り広げられますね。

さて、昨日のニュースからこんな記事が。
<民主党>HPに岡田代表の第一声載せる 総務省警告で削除
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050830-00000109-mai-pol

 Σ(゜Д゜;)ハァ?

と思われる方が多いかもしれません。


その根拠は、これ。

(公職選挙法)
第 142条 衆議院(比例代表選出)議員の選挙以外の選挙においては、選挙運動のために使用する文書図画は、次の各号に規定する通常葉書及び第一号から第二号までに規定するビラのほかは、頒布することができない。この場合において、ビラについては、散布することができない。

第 143条 選挙運動のために使用する文書図画は、次の各号のいずれかに該当するもの(衆議院比例代表選出議員の選挙にあつては、第一号、第二号、第四号及び第五号に該当するものであつて衆議院名簿届出政党等が使用するもの)のほかは、掲示することができない。


(各項略)
条文はこちらを。



条文によれば、HP上の写真やイラストは公選法の文書図画にあたり、認められたモノ以外は禁止なのです。
電子メールもダメだそうです。

なぜこんな風になってるんでしょうか・・?

公職選挙法142条,143条の主な立法趣旨は、財力・組織力によって選挙活動が左右され、候補者間の平等が図れなくなることを防ぐことが大きな理由とされています。

しかしながら、インターネットや電子メールによる選挙活動にこれが当てはまるといえるでしょうか?
インターネットによる情報システムがこれほど多くの注目を集めた大きな理由の一つにコストの軽減と効率化が挙げられるでしょう。
ともすれば、インターネットの選挙活動の応用はまさにうってつけであり、このような制限は当てはまらないのは明白です。

この件については10年以上も前から議論され、2001年には国会に法案まで提出されています。
しかしながら、いまだに継続審議中。

その大きな問題として挙げられるのが、
・情報格差(デジタルデバイド)によって、公平性が失われる
・虚偽情報の氾濫
なのですが・・・。

正直、情報格差って言ったって、小学生から高齢者までインターネットでHP作る時代ですし、虚偽情報が氾濫するって言ったってテレビ、雑誌などのメディアでは平気で「ヤラセ」「偏向報道」されてるじゃないですか・・。

まあ、変えたくないなら何か理由があるはずですね・・(;´Д`)b
なぜ変えたくないのかを考えるのが問題解決の第一歩です。

そこで、逆に考えて公職選挙法を放置するメリットを考えてみました。
先に出た選挙法の効果を現在に当てはめればいいわけです。
・よりコストの低い選挙活動ができない
ある程度の財力・組織力が必要になる
政権政党、巨大政党に有利に働く
党規により脅すことで少数派議員を票田化できる
・ビラ配りやテレビの政見放送に選挙候補者の活動が制限
メディアに利権を持たせることで情報操作・情報統制がインターネットなどよりはるかに容易
不特定多数に対する情報操作よりはるかにコストがかからない
・全くの第3者による選挙活動が制限される
仮に候補者がウソをついていても、候補者や支援団体に関係のない個人・団体の選挙活動に対する行動が制限されるため、ばれるような危険が少なくなる

なんと、与党だけでなく政党全般や現職議員に良いことずくめではないですか!!

とすれば、先に挙げた問題点、実は・・・・
・「虚偽情報の氾濫」というけど。。。
 →情報の発信を制限する=有権者に与える情報を限定する
 →候補者の政策が吟味される回数が少なくなる
・「情報格差(デジタルデバイド)によって、公平性が失われる」というけど。。。
公平のためと称して、メディアによる一方的選挙活動に制限できる。メディアにはいくらかのキックバックで情報操作可能
議論する相手が限定。政策についての議論の機会限定
情報の伝達が一方的なので、政策の問題点や情報操作があってもバレにくい
という裏目的をカモフラージュする口実名のではないかという疑いが出てきます。
まぁ、邪推かもしれませんが・・・。

いずれにせよ、候補者側はこの現行公職選挙法の利点を最大に活かす為に、特定有権者にターゲットを絞る必要が出てきます。

この「虚偽情報の氾濫」「情報格差」のために戦うと言えば簡単に支持を得られそうな方々といえば・・
低所得層、主婦、老人など、情報格差の弱者層。
しかも人口も多いので、一石二鳥です。

綺麗事だらけのマニフェストがこの層向けに作られているのは創造に難くありませんね。突っ込みどころ満載ですw。

選挙公示に伴って各党のHPは公職選挙法の抵触をさけるため、更新を停止したようです。郵政民営化支援/反対それぞれのページも公職選挙法に抵触する可能性から、活動を自粛した様子。

これでインターネットには候補者からの生の声は流れなくなりました。
限られた情報で国民の正しい判断ができるか、大いに疑問です。

<参考サイト>
インターネットと選挙活動について
http://www.eda-jp.com/pol/inet/index.html
IT時代の選挙運動に関する研究会(報告書)
http://www.soumu.go.jp/singi/pdf/houkokusho.pdf
続きを読む
スポンサーサイト
by Qleon
12:45 | 批評 | comments (1) | trackbacks (1) | page top↑

2ちゃんねると愉快な仲間たち

ちょっと飲みに行ってまして、2ちゃんねるの話題が出たので。

誰もが思う素朴な疑問!!
「Nちゃんねる」はあるのか?Σ(゚Д゚;)

の結果はこうなります・・・

1ちゃんねる
1ch.net・・・このドメインは売り出し中らしい。と思いきや・・・
1ch.tv・・・終わってる?

3ちゃんねる・・・「ひろゆき」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする巨大掲示板群
4ちゃんねる・・・住民の、住民に因る、住民の為の総合掲示板群


10ちゃんねる・・・10代専用w
50ちゃんねる
・・・PSPから野球のサインボールまで手広くカバーする巨大掲示板群
厨ちゃんねる・・・R18overです。
画像ちゃんねる・・・「今晩のおかず」を手広くカバーする画像掲示板
。みんなでつくる進化するH本w
萌えちゃんねる・・・いきなりエロサイト。入り口もR18なのがミソw
ぼのチャンネル・・・初心者から上級者それ以上の方でも楽しく書き込める。


3ch.net・・・MP3のDLサイト!(会員制/英語)


意外とあるんですね・・・(((゜ロ゜;))
by Qleon
13:08 | トリビア♪ | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑

マニフェストっつったって・・・

今回の選挙、郵政解散だっていうけど、いろんな問題あるのにね。
選挙の前にしっかり討論番組とかやってほしい。

マニフェストって言ったって、良いことしか書いてないから信用できないよ。
どうも判断材料が乏しくて、よく分からないことが多い。
マスコミは選挙戦略をおもしろおかしく伝えるだけだから、情報源として使えないし。

候補者本人の主張が聞きたいね。

各党のマニフェストをまとめたページ発見。
http://www.election.co.jp/manifest/

俺は郵政民営化は必要だが、慎重に検討を進めるべき、と考えてる。
従って小泉首相の民営化には反対。
これはこういった情報を目にするから。
外国資本が日本の巨額の資金を持つ郵政公社を、安定的な投資先として狙いを定めていること。

海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判 - nikkeibp.jp
立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050811_kaigai/index.html

ウワサの資料
「郵政民営化合意形成コミュニケーション戦略(案)」
http://www.tetsu-chan.com/05-0622yuusei_rijikai2.pdf

しかし、小泉首相が行った派閥の弱体化策、官業癒着へ大打撃を与えた功績はすばらしい。
中韓の内政干渉に負けずに、靖国公式参拝も続けて定着させて欲しい。
謝罪は不要。どうしてもというなら、「歴史カード」を封じ込める手段として、「国連安保理入り」や「靖国参拝」を切ってもいいと思う。

増税よりも財政支出額はまだ減らせるはず。
増税よりも減税をおこない、景気浮揚効果での税収増を目指すべき。
あとは官僚が明らかに背任してる場合、公務員の背任に対する責任を加重した身分犯を創設すべきだと思う。
責任逃れ体質は何としても変えて欲しい。
2~3年先よりも10年~20年先を考えてくれる政治家、政党はないかな・・と。

使える情報源がインターネットしかないとは・・。(;´Д`)
by Qleon
00:37 | 批評 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

国会議員とは?政党とは?ホリエモン無所属出馬のもたらす意味

ホリエさん、広島6区から無所属で出馬するそうですね。
社長と「二足のわらじ」が両立するか微妙なところもありますが・・
亀井さんとホリエモンの前哨戦ってことで、
討論番組をテレビで放送してたのを見ました。

政治姿勢に対する興味深い発言がありました。

T:「どうやって地域のみなさんに利益をもたらすんですか?」
H:「国全体がよくなれば地方にもその利益がある。特定地域への利益をもたらすということは考えていない。

?:「郵政に賛成なら自民党から出馬するべきでは?」
H:「無所属として出馬した方が自由に動けるから

決して利益重視の「政治屋」からは出てくるはずのないコメントですね。
久々に国会議員候補者がまともな発言しているのを聞いた気がします。

しかし、コメンテータの質問、最悪ですね。
近頃のテレビコメンテータといい評論家といい、国会議員や政党が何かを知らない人が多いんじゃないでしょうか。

さて、そもそも国会議員って何でしょう?

国会議員について、憲法にはこういった表現がありますね。
「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」(憲法43条1項)

国会議員は全国民の代表なんですね。特定地域の代表ではありません。
したがって、特定地域の利益になるような活動をすることは国会議員の役目ではありません。(これは地方議員の役目)
選出地域への利益誘導政治は根本的に間違ってるんです

「選んでくれた人たちに何か還元しなきゃダメでしょう?」
「国全体がよくなれば地方にもその利益がある。特定地域へ利益をもたらすということは考えていない。」

議論の余地ありませんよ・・。

では、政党というのは何でしょう?

これは、司法試験の回答例からもってきましょう^^
「政党とは、政治権力への参加・影響力の行使・獲得を目的として結集・組織された団体を言う。かかる政党は国政へ民意を媒介するための民主制・政党政治の不可欠の前提であり、現代民主政治において重要な役割を果たしている。
 そして、憲法上政党について明文で定めた規定は無いが、憲法は議院内閣制を採用しており(67条1項)、政党の存在を当然の前提としていると考えられ、承認段階にあると考えられる。そして直接的には21条に言う「結社」の自由として保障されている団体である。」

※ 以下、括弧内は、
【原口一博国会通信 政治改革と党議拘束・国民代表と自由委任】
(http://haraguti.com/syokason/syokason065.htm)から引用です。

党議拘束についての憲法上の解釈。
「国民代表を自由委任の枠でとらえる場合でも、政党による議員の拘束は、政治的・社会的な事実の問題にとどまる限り、政党が最終的には全国民の利益を目指すものと言い得る以上は、政党に拘束される議員もなお全国民の代表と位置づけることができる」

党議拘束は「全国民の代表」だから、まだ許容されてるわけですよね?

しかしながら、
党議拘束の影響が強すぎる場合は議員は政党・会派の投票マシーンと化し、議会の審議が形式化することとなってしまう。とりわけ我が国の国会では、そのような傾向が顕著に見られ、強すぎる党議拘束が国会審議の形骸化や機能不全の要因の一つとされてきた。」
わけです。

自民党公認候補の方々の素晴らしい経歴は目に見張るものがあります。
しかしながら、政策が全然見えてきません。
なぜでしょうか?

政策無き自民公認候補は国会での集票マシーンでしかありません。
執行部が決めた政策に、ご主人様の言う通りYes/Noというだけのイヌですよね。

いくら公約を高らかに宣言したところで、党がNoといえばNoを言わざるを得ないわけです。これじゃ、何もできませんよね。

ホリエモンが無所属で出馬を決断したことは上手い判断だと思います。
討論見ても、発言とっても、自民党候補者とは明らかに考えが異なってますから。

「無所属として出馬した方が自由に動けるから」
ってのは、今の政党政治に対する強い批判とも取れますね。
公認候補より無所属の方が民意を反映しやすいはず、と。
「郵政賛成なのだから、自民党から公認受けなきゃならない」って考えてるコメンテータ、ちょっと視野が狭すぎやしませんか?(;´Д`)

広島6区に、自民党でもなく「郵政反対」(国民新党)でもなく、またその他の野党でもない選択肢ができたことに注目しなければなりませんね。
本当の意味での国民の本音が分かるでしょう。
他の選挙区ではこんな候補者いませんから、誰にも入れられないんですよ(TДT)

逆に、ホリエモンのコメント、
「可能性はある。日本を変えていけるとの手応えがつかめるかどうかがポイント」、って・・・何か、有権者(=国民=国)を品定めしてる感じですねw
極めて冷めた目で政局見てる、若い世代らしいコメントですね。
政治が悪いのか、国民が悪いのか、見てやろう」とw

ところで、ホリエモンが無所属で出馬するんだから、
自民党は「本当の民意を知るには、選択肢としてすべての選挙区で公認の対抗馬を立てなければなりません」といっている以上、自民党公認の「刺客」を立候補させなければなりませんよね?

立候補させないの・・(´・ω・`)?

立候補させないのなら、公認候補は造反勢力を抑えるだけの集票マシーンということになりますし、自民党の本音もここに見えてきます。

ホリエモンの政治手腕はともかくとして、政治に対する国民の意思表示って言う意味で、他とは違う選択肢を突きつけられた広島6区の有権者の皆さん・・

責任重大でっせ?(・Д・)b
続きを読む
by Qleon
09:58 | 批評 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

良書発見

盆休み、やっぱり帰省してきました。
実家に帰るとだらけてしまいますね。
いかん。いかん。(;´ー`)

でも、生来ぼーっとすることができない性分なようで。
昼は遊んで、夜は本読んで。
睡眠時間は3時間。
受験勉強時代の習慣が今も残ってるんです。
一度付いた習慣ってなかなか取れないもんですね^^

盆休み意味ねー、って言われそうな感じです。

さて、久しぶりに良書に出会いました。
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」
   山田 真哉 光文社
「民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる」
   スイス政府 (編さん), 原書房編集部 (翻訳)

どちらもタイムリーで面白い話題です。

「さおだけ」のほう。
さおだけやはなぜ潰れない?
言われてみて、はっと気付く疑問です。
だけど、数字の面でいろいろ考えていくと確かに謎は解けてきます。
いろんな意志決定を数字で考えられるとしたら、これほど説得力のあるツールはありません。
いろんな場面を数字で分析する、重要だけどおろそかにしていた部分を気付かせてくれる本でした。

「民間防衛」
民間防衛って何でしょうか?
戦争 テロ などの有事にたいしてどのような対処を取ったらいいかスイス政府が発行したマニュアルの日本語翻訳版です。副題の『あらゆる危険から身をまもる』から推測できるようにあらゆる場面での応用が利くように行動をマニュアル化したものです。

内容は冷戦時代のものらしいので古いんですが、読んでみて唸りました。
スイスって永世中立国っていわれてますよね。
永世中立国ってことは、戦争しないってイメージがありますが、この本は永世中立のために自衛するという手段のイロハすべてを網羅した本です。
戦争の危険に直面していたスイスでは、こんな本が国民に配布されていたんですね。

この状況、今の日本に当てはまりませんか?
戦争の危険に直面してるってところ、まさにそっくりですね。
国民の危険という意味では、災害やテロも戦争の危険と同じと考えていいでしょう。
WW2~東西冷戦時代のスイスがいかにして安全を確保しようとしていたか、がよく分かります。(悪い面もあったようですが^^;)
武器を捨てて平和を!もいいですが、新しい時代のテロ・災害について日本人の甘い幻想を断ち切ってくれる本ですね。
よく考えさせられる本です。

現在は最新版がスイスで出てるとか。
最新版を読んでみたいですね。

しかし、そろそろテーマ決めないとな。
ここが何なのかさっぱり分からなくなってしまうし。
本読んだ意味ないしね(笑
by Qleon
11:46 | 雑記 | comments (1) | trackbacks (2) | page top↑

対抗馬、いい加減すぎだよ、自民党(涙

郵政解散で総選挙。
政治家の皆さんがやたらと元気になるイベント、「清き一票ちょーだい」祭りの準備で皆さん大忙しですね( ̄▽ ̄;

造反議員の対抗馬としていろいろ新規公認が発表されているようだけど・・・

・急遽米国帰りの医者。司法試験も合格。超エリート!!
・地元で落選し続けてた古株政治家
・直前まで反対集会に参加してて本番に翻意する政治家

つまり、
とてつもなく優秀だそうだが、政治的手腕の裏付けがないセンセイ
長年地元有権者の支持を得られなかったセンセイ
採決時に心変わりされるセンセイ・・・。

ってか、人選べっつーの(;´Д`)

この愉快な公認候補の皆さんに1票入れるには、リスク高すぎます(TT

自民党執行部のみなさん、
我々有権者をアホだと思ってません?
by Qleon
03:25 | 批評 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

最近のメディアって、何か同調してねー?

最近ちょっと気になった事がある。
偶然にしてはちょっと見過ごせないのだ。

個人の自分勝手が風刺される内容のドキュメンタリー・ドラマが最近いやに目立つ。もちろん放送局だけでなく、出版系でも同じ傾向が目立って感じられるのだ。国境を越えて。

共通項を挙げてみる。
・親の無関心・身勝手が子供を不幸にする話
・自分の身勝手な発言で親しい人に不幸を招く話
・自分の身勝手な行動が、大惨事を巻き起こす話

終戦記念日のせいだろうか?
いや、終戦が原因なら親子の無関心の話題などが、自分のアンテナに引っかかりはしないだろう。第一、無関係だ。
海外メディアにも同じ傾向を感じる事の説明がつかない。

何らかの意図が働いているのか?
いや、民放各局ならばまだしも、零細な出版社などマスコミ業界すべて
で、内容の統制を行うことは事実上不可能だ。
かといって、偶然に同じ価値観・主題が共通する事はあり得ない。
それは天文学的な確率になるはず。

ただ確実に分かっている事実は
これらドラマや記事の作者は人間であること、
それらの視聴者も人間だという事である。

誰かが誰かに訴えかけている。
「利己主義は捨てろ」「自己中心的思考はやめろ」と。
そんな気がするのだが・・。

俺の気のせいか?
by Qleon
02:45 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

郵政解散。論点ずれてない?

郵政民営化が参議院で否決された。
小泉首相は予告どおり衆議院を解散。
理由は「国民の意思を問いたい。」
そして「造反組の公認はしない」との選挙方針。

しかし、造反組からは「弱いものいじめ」ではないか、とか「造反組を公認しないのはおかしい」とかの声が上ってる。

ちょっと待てよ。
解散も造反者非公認も極めて真っ当な理由じゃないか。

まず、何を「弱いものいじめ」といってるのかサッパリわからない。
選出してくれた選挙民の納得の行く議員活動をしているのであれば、間違いなく票は集まるはずだ。「弱い」わけないじゃん。
もう一つ、「公認しないのはおかしい」っていうけれど、政党って同じ政治目的のために結社したもののはず。
目的が違う以上、同じ政党にいる方がオカシイのではないのか。

造反組、何か胡散臭いな。
話の筋が通らない。

郵政民営化はまだ時期尚早と思うけど、このような戯言を言ってる議員が国会にいる事のほうがもっと不味いような気がする。

今度の選挙は小泉さん方に入れようかな。
続きを読む
by Qleon
01:09 | 批評 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑

情報を規制するより、選択すべきでは

最近、地震が多いね。
関東もいよいよヤバイってトコか。

さて、先日首都圏で震度5強という強震が記憶に新しいところだが、
一部の雑誌では、またまた「地震が来る」特集なんてやってる。

その情報源の多くは民間の地震研究家だったりするわけだが、
こういった情報を真に受けて予測日前には執拗に問い合わせて情報の開示を迫りながら、「地震が来なかったから責任取れ」なんて手のひらを返すような輩のクレームが殺到したという話を聞いた。
多くの地震研究家が攻撃対象になったようで、前の地震騒ぎのときに、有名な研究サイトがいくつも閉鎖したり、会員制へ移行してしまった。

その中で、この前の首都圏5強の地震、公開実験で見事に予想していた会員制サイトがあるのをご存知だろうか。
マグニチュード・方角:的中
発生時期の誤差:2日
最大震度:ほぼ的中

このサイトは以前にも富士の小規模な地震を的中させていて、研究家の間では有名なサイトだ。
こういった有用な情報が一般に漏れることはないだろうが、ちょっと勿体ない。
これには、地震予知などの情報が攻撃対象になるのを嫌い、非公開にするか会員制に移行してひっそりと研究を続けるほか無くなったという事情があるようだ。

しかし本来、情報は自由に発信すべきもの、受け手側でフィルタリングすべきものではないか。

情報の発信に規制をかけ、自ら表現の自由・知る権利を放棄した人たちに、情報の非公開を批判する資格はない。
にもかかわらず、未確定情報の発信を非難し、情報の遅れや非公開を批判する一部の論調は、子供じみた自己中心的ワガママにほかならない。
by Qleon
01:57 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

いったい何が・・・

Win2000やXPには入力した内容を覚えててくれる便利な機能が付いてますよね。
入力欄にカーソルを移動すると、過去に入力した内容から候補を表示してくれるアレです。

夏休みに向けて今日も電車路線をちょっと検索・・・

ちきしょー?


ちきしょー!?Σ(゜Д゜;)

・・・何があったんだ俺?(;TДT)
by Qleon
00:37 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。